選書ツアー募集のお知らせ
2016年12月02日
選書ツアー募集のお知らせ
2016年12月02日
献血実施のお知らせ

1. パースペクティブ研究会は19日(土)のORFにてセッションを開催します

上山信一パースペクティブ研究会では、SFC Open Research Forum 2016において、「シンギュラリティ時代に向けた人類の知性のあり方―SFCが育むこれからのリベラルアーツ―」をテーマにセッションを開催します。

2. セッション内容の概要

科学主義、資本主義、民主主義は豊かで平和な現代社会を作り上げました。しかし、一方では環境破壊、格差問題、衆愚政治など課題も噴出しています。さらに、シンギュラリティ―2045年には人工知能が人間の知性を超える―に向けた機械と人間の競争が議論されています。

科学技術の発展をどう受け止めるか。人類の知性が問われています。恐らくは、西洋で誕生した科学主義、要素還元主義を超え、東洋の思想や哲学にも目を向けるべきでしょう。

このセッションではゲスト、学生、上山信一先生(慶大教授、東京都特別顧問)を交え、東洋哲学から量子力学まで、広く人類の叡智を探訪し、私たちが"日常"を超え、未来を考えるヒントを探ります。

3. パースペクティブ研究会について

資本主義、国民国家などの枠組みが崩れつつある中、私たちはますます適格な判断力を要求されます。その拠り所となる「内なる世界観、座標軸」がパースペクティブです。研究会では、2050年に向けてすべきことを歴史から学び、2050年の世界を洞察することを目的とし、アリストテレス、マキャヴェリ、ルソーなどの古典や梅棹忠夫などの戦後日本の名著を読み、先を見通す力「パースペクティブ」を養います。

夏合宿で座禅体験を行った時の写真です。古典を読むだけではなく、実際に体験をして理解を深めることも重視しています。

【日時】
11月19日(土) 12:00 – 13:30

【場所】
東京ミッドタウン・タワー4F カンファレンス room5
*入場無料、予約不要

【登壇者】
・今井理紗 (株式会社KADOKAWA、研究会OG)
・深田大寛 (国土交通省、研究会OB)
・上山信一研究会学生チーム
・上山信一慶應義塾大学教授

【構成】
第1部: 学生チームによる研究発表
第2部: パネルディスカッション

【詳細】
ORF HP ( http://orf.sfc.keio.ac.jp/2016/session/s-17/ )
Facebook ( https://www.facebook.com/ueyamashinichiseminar/ )
Twitter ( https://twitter.com/ORF2016_Ueyama_ )

コメントは承認後表示されます。