1月4日(月)、井下理名誉教授が病気のため相模原市内の病院で逝去された。享年66歳。

井下名誉教授は1949年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業後、シカゴ大学修士課程、立教大学修士課程を修了し、1979年慶應義塾大学大学院社会研究科単位取得退学。国際商科大学助教授、慶應義塾大学総合政策学部助教授を経て、1995年同教授に就任。2014年に定年退職。専門は社会心理学、教育心理学、マーケティング・コミュニケーション。

慶應義塾湘南藤沢中・高等部長(校長)も務められたほか、学生生活をサポートするStudent Life委員としても精力的に活動された。

葬儀、告別式は近親者で執り行われた。井下理名誉教授のご逝去を心からお悔やみ申し上げます。

謹んで井下先生のご逝去を悼み、生前の温かいご指導に対し、あらためてお礼申し上げます。私は1978年に文学部社会学科で佐野勝男先生のゼミを卒業したものですが、当時院生の井下先生に卒論の作成をお手伝いいただきその後も卒論を保管していただいているとお話しされておりました。その後、銀行員時代に総合政策学部の授業にパネラーとしてお招きいただたことが懐かしいです。あまりにも早いご逝去に驚いておりますが、井下先生のこれまでのお導きに心より感謝し、安らかに永遠の眠りにつかれる事をお祈りいたします。

コメントは承認後表示されます。