10月31日(土)-11月1日(日)、明治神宮球場で東京六大学野球秋季リーグの最終週、早慶戦が行われた。義塾野球部は早稲田大学を相手に第1回戦はW2-1Kで負け、第2回戦もK0-2Wで惜敗した。結果、義塾はリーグ3位という結果に終わった。

関連記事

第1試合 : 10月31日(土)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
W 0 0 0 0 0 2 0 0 0 2
K 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

第1回戦は義塾の後攻でスタート。5回までは両チーム合わせて飛び出したヒットは内野安打3本のみ。試合前半は投手戦が繰り広げられた。6回表、早稲田の攻撃。フォアボールでランナーを溜めてしまい、2死満塁から8番主将の川原選手が2点適時打を放ち2点先制。その後、試合は動かないまま迎えた最終回。義塾の代打、岩見雅紀選手(総2)がソロホームランを放ち1点を返す。しかし、打線がつながらずW2-1Kで惜敗してしまう。

義塾先発の三宮舜(商4)

義塾先発の三宮舜(商4)

第2試合 : 11月1日(日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
K 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
W 0 0 0 1 0 1 0 0 × 2

第2回戦は義塾の先攻。先日に続き投手戦が続く。試合が動いたのは4回裏早稲田の攻撃。フォアボールとヒットで無死1・2塁とし、さらに5番石井選手のバントヒットを義塾投手の加嶋宏毅選手(商4)が1塁へ悪送球。1点を先制される。さらに6回、フォアボール3つで走者を溜め、2死満塁から変わった義塾投手の加藤拓也(政3)選手がワイルドピッチ。2点目を追加される。義塾は反撃の狼煙を上げることができず、最後は無死1塁の好機をつくるも7番小笠原知弘選手(環4)のライトへのフライを捕球されゲームセット。この瞬間に早稲田の春秋リーグ連覇が決定した。

試合終了後の谷田選手(左)と小笠原選手(右)

試合終了後の谷田選手(左)と小笠原選手(右)

春秋ともに早稲田に敗北 この雪辱を来年に

優勝がかかった早慶戦で春に続いて2敗。選手はもちろん、私たち塾生の誰もが悔しい思いをしたことは言うまでもない。この悔しさをバネに、糧にして来年の春はなんとしても早稲田を倒してほしい。

なお、今大会の優勝は早稲田大学。2位・明治大学、3位・慶應義塾大学、4位・立教大学、5位・法政大学、6位・東京大学となった。

関連ページ

関連記事

コメントは承認後表示されます。