▼自然科学研究教育センター講演会「ソーシャル・イメージング: 人々のこころを支えるテクノロジー」
接触の状態で色が変化するブレスレットなど、人々の社会的行動を理解し顕在化するための新しい技術と子ども達の教育への応用
参加費不要/申込不要
日時: 2015年11月6日(金) 16:30-18:00
場所: 日吉キャンパス来往舎1階 シンポジウムスペース
対象: 学生・教職員・一般
主催: 慶應義塾大学 自然科学研究教育センター
URL: http://www.sci.keio.ac.jp/

▼タイフィールドワーク 1月8日-1月17日 参加者募集
地震、津波、干ばつ、洪水などの自然災害の回避・軽減にビッグデータが役立てられている今日、本フィールドワークでは、現地タイで最も多い自然災害である水害のリスク管理について、ビッグデータを活用したアプローチ方法を学習していきます。EBAプログラムがパートナーのひとつとする現地タイのチュラロンコン大学が主体となり、ASEAN各国の学生も参加予定です。
募集人数: 15人
募集締切: 11月16日(月)
申し込み方法、プログラム詳細:
塾生サイトのNEWS一覧で「【参加募集】タイフィールドワーク ~ビッグデータを用いて災害管理について学ぶ~ (EBAプログラム)」をご確認下さい。

▼霞ヶ関の今と未来 ~主要3省の若手官僚に聴く~
政策のみならず、政策立案に携わる「ヒト」や働き方を知ることで公務への理解を深め、「霞ヶ関で働く」ということについて考えましょう!
日時: 12月1日(火) 18:10から
場所: ι23教室
予約不要、途中入退場可
ゲスト: 経済産業省、財務省、外務省の若手官僚
内容:
①各章からの説明
②パネルディスカッション
③個別質問タイム
主催: 曽根泰教研究会、小澤太郎研究会、清水唯一郎研究会、松井孝治研究会

コメントは承認後表示されます。