女性目線を生かした医学系研究 〜産学連携の可能性〜
日時: 12月7日(月) 13:00-16:00(開場12:30)
場所: 東京医科歯科大学 歯科棟南4F特別講堂
主催: 東京医科歯科大学・順天堂大学・株式会社ニッピバイオマトリックス研究所
開会挨拶: 吉澤靖之(東京医科歯科大学 学長)
来賓挨拶: 文部科学省 科学技術・学術政策局政策課(予定)
基調講演: 「女性研究者とダイバーシティ」 大隈典子(東北大学 総長特別補佐)
「DDユニットの事業について」宮﨑泰成(東京医科歯科大学 教授)
事例報告①: 「女性臨床医が研究を続けるために 〜研究連携の推進とライフイベントへの対応〜」 大野京子(東京医科歯科大学 教授)
事例報告②: 「順天堂大学・(株)ニッピのCOIの取組について」服部俊治(株ニッピ バイオマトリックス研究所 所長)
パネルディスカッション: 「医学系研究と産学連携をつなぐために」
・コーディネーター: 飯田香緒里(東京医科歯科大学 教授)
・パネリスト: 大隅典子、森田育男、平澤恵理(順天堂大学 先任准教授)、後藤希代子(株ニッピ バイオマトリックス研究所 次長)
閉会挨拶: 木南英紀(順天堂大学 学長)

http://www.tmd.ac.jp/ang/event/index.html?t=104&a=1

コメントは承認後表示されます。