11月29日(日)、デンマークのオーデンセで行われたトランポリン世界選手権で棟朝銀河選手(環3)が準決勝8位で決勝へ進出、リオデジャネイロ・オリンピック出場枠を獲得した。また、セーリングのレーザーラジアル級女子世界選手権大会において土居愛実選手(環4)が総合8位で出場国枠を獲得し、同時にリオ五輪の日本代表に内定した。

準決勝で会心の演技 初の五輪へ トランポリン棟朝銀河選手

トランポリンの五輪出場枠は、今回デンマークで行われた世界選手権で、男女とも決勝に進む8人(各国・地域2人まで)に与えられる。日本体操協会は枠を獲得した選手をそのまま日本代表選手とする。準決勝において棟朝選手は58.500点を記録、8位に入り決勝に進出した。決勝では1種目中断となり最下位に進んだものの、初の五輪出場決定となった。

途中苦戦も盛り返し… 2度目の五輪へ セーリング土居愛実選手

ロンドンに続く2回目の出場を決めた土井選手。オマーンのアル・ムサナーで行われた世界選手権は48カ国参加、100艇が参加するレースとなった。日本は前回の国枠獲得大会(スペインワールドカップ)で国枠獲得を逃している。その雪辱を果たすべく、今大会で与えられる4つの枠を目指し、前半3日間に中日を挟んだ後半3日間、合計7日間のレースを戦った。初日は総合6位と好スタートを切った土井選手。2日目も総合6位でフィニッシュすると、3日目に首位に立った。しかし5日目には総合6位、6日目は総合15位と順位を落としてしまう。運命の最終日、ゼネラル・リコールが繰り返されたため時間がなくなり、1レースのみとなったなか、前日までの不調を振り切り8位でフィニッシュ。総合順位でも8位となり、見事に五輪出場権を獲得した。

同じキャンパスの仲間が世界で戦う! 五輪に大注目!

前回の夏季ロンドン五輪(2012年)では水泳・平泳ぎ100m、200mに立石諒選手(当時環4)、陸上競技・100mに山縣亮太選手(当時総2)、そしてセーリング、レーザーラジアル級に今回五輪出場を決めた土居選手(当時環1)が出場した。冬季ソチ五輪(2014年)でもフィギュアスケートのペア部門において、高橋成美選手(当時総2)が出場するなど、五輪はSFC生にとって同じキャンパスで学ぶ仲間が世界の舞台で活躍するイベントだ。今回の2人に加えて、今後さらにSFCから五輪出場者が出る可能性もある。開会式は2016年の8月5日と、開催まで1年を切っているリオ五輪。今回もSFC生の活躍に注目だ。

関連ページ

コメントは承認後表示されます。