1日(金)、SFCに正体不明の巨大生物が現れたとの通報があった。

目撃情報が寄せられたのはメディアセンター南の鴨池。通報によれば鴨池に現れた未確認動物の全長は41mほどで首が長く、体色は真っ赤だという。

ネッシーと同様、太古の昔に絶滅したとされる首長竜の生き残りではないかとする声もあるが、鴨池はSFCが創立した1990年に設置されたため、疑問を投げかける者も多い。そのほか、鴨池のカモが豊かな食と恵まれたキャンパスの環境によって肥大化した説など、様々な見解が寄せられているが真相は未だに霧の中である。

名状しがたき首長の怪獣。未確認動物が発見されるときには
往々にして深い霧が発生しているものである。

名状しがたき首長の怪獣。未確認動物が発見されるときには
往々にして深い霧が発生しているものである。

この鴨池の未確認動物には、一般公募によって名前が募集され、全41通の投稿の中から「カモッシー」が選ばれた。

※このニュースは、2016年4月1日に更新されたエイプリルフール企画記事です。実際のニュースではありません。

コメントは承認後表示されます。