卯月研究室の四月与太郎さん(環3)がウニからプリンの味を生成することに世界で初めて成功した。以前から、プリンに「醤油」という大豆や塩を原料とする混合液を添加することによって人工的にウニの味を作り出せることが知られてきた。一方で、反対にウニからプリンの味を再現するには従来の技術では課題が多く、あくまで理論上の存在にとどまっていた。このたびの卯月さんの発見はこれまでの常識を覆したといって過言ではないだろう。

ウニからプリンの味の生成に成功

世界で初めてウニからプリンの味をつくることに成功

世界で初めてウニからプリンの味をつくることに成功

専門家はこの技術によってプリンからウニの味を作り出した後、再度プリンに還元することもできるのではないかと、さらなる可能性に期待している。

専門家によればウニからプリン、プリンからウニのサイクルが可能となる。

専門家によればウニからプリン、プリンからウニのサイクルが可能となる。

ウニからプリンの味を再現する技術にはコストの面からも未だ改良の必要な部分も多い。現在は1000円分のウニから42円相当のプリンを生成することが可能。四月さんは、今後は安定してプリンの味を作り出せるよう努力していきたいと胸の内を語った。

※このニュースは、2016年4月1日に更新されたエイプリルフール企画記事です。実際のニュースではありません。

コメントは承認後表示されます。