8日(金)、春学期の定期試験時間割・要項が公開された。試験は22日(金)-28日(木)の7日間。keio.jp教育支援システムから、自分の履修している科目の試験時間割が確認できる。また、昨年度から時計類の持ち込みが禁止となっているので、注意が必要だ。

試験に時計は持ち込めない

昨年度から、すべての時計類(腕時計・置時計・ウェアラブルウォッチなど)の持ち込みが禁止されている。そのため、試験中は各教室のスクリーンなどに時計が表示される。持ち込み条件が「全て持ち込み可」となっていても、「但し、時計・PC・電子辞書・通信機能付機器を除く」と記載されているため、時計類は持ち込むことできないので注意しよう。

keio.jp教育支援システムから時間割を確認しよう

今学期履修している科目の試験の時間割や要項は、keio.jp教育支援システムから閲覧できる。科目によって試験日や試験形態などが異なるため、忘れずに確認しよう。

①SFC-SFSにログインし、[学事Web]より、[keio.jp教育支援システム]を選択。

デザインは去年のものとは異なる

デザインは去年のものとは異なる

②keio.jp教育支援システムのページが開いたら、[試験科目時間割]をクリック。

③履修している科目の試験時間割や課題などがPDF形式で表示される。

時間割に変更が生じた場合は、塾生サイトや掲示板で発表される。

試験には学生証の携行が必須

定期試験を受験する際には、試験中に本人確認のため学生証を提示しなければならない。忘れてしまった場合は、α館1階の学事担当窓口で当日限り有効な仮学生証の交付を受ける必要がある。仮学生証の発行には手数料500円がかかる。また、この手続きによる時間は試験時間に考慮されない。

今学期も残すところ僅かとなり、課題や試験が多くなる時期となった。学期を悔いなく終えることができるように最後まで全力を尽くそう。

関連ページ

コメントは承認後表示されます。