きょう10日(金)より、総合政策・環境情報の両学部で卒プロメンター修正申請の受付が開始された。オンラインで申請が可能だった1次・2次申請と異なり、窓口での申請となる。該当する学生は、4月6日(木)16:50までに手続きをする必要がある。

対象となる学生

修正申請の対象となるのは、以下の条件に当てはまる学生。

  • 新規: 17年度春学期に「卒業プロジェクト1」を履修する学生のうち、卒プロメンターが未決定の学生
  • 変更: 一度卒プロメンターが決定しているが、特定の理由で変更を希望する学生

このうちメンターの変更は、教員の退職や就任など学部の都合による場合、あるいは研究内容の変更など教員と学生の合意による場合に申請が可能だ。

なお、「卒業プロジェクト1」の単位を取得済みの学生が卒プロメンターの変更を希望する場合も、同一期間内に変更申請することができる。ただし、14学則適用学生の場合は、卒プロメンターを変更すると「卒業プロジェクト1」を再履修する必要があるので注意しよう。

申請方法

申請方法は以下の通り。これらの手続きを4月6日(木)16:50までに終える必要がある。

  1. 塾生ページからダウンロードできる申請用紙に、メンター希望理由や卒プロ関連の履修状況など必要事項を記入する。
  2. 希望する卒プロメンターと面談し、承認を得る。
  3. 卒プロメンターより申請用紙原本に署名・捺印を得たうえで、学事担当窓口に提出する。

なお、卒プロメンターを変更する場合は、変更前のメンターの署名・捺印も必要だ。

塾生ページのほか、SFC GUIDE Vol.2 履修案内の38ページでも、卒業プロジェクト科目の履修の要件を確認することができる。

関連ページ

コメントは承認後表示されます。