3月18日(土)に、この3月をもって退職する堀茂樹総合政策学部教授の講演会「私のささやかな読書遍歴 ―中間報告―」が開催される。

テーマは「私のささやかな読書遍歴 ―中間報告―」

この講演会では、堀教授がこれまでの人生で強い影響を受けた本を紹介をしながらその作品に出会った当時の自身の姿を振り返る。日時・場所などは以下の通り。興味がある人は確認してぜひ参加しよう。

日時 2017年3月18日(土)
16:00-17:30(開場15:30)
場所 慶應義塾大学三田キャンパス東館6、7階
参加費 無料

西洋思想史、哲学、文学、現代フランス研究をキーワードとする堀茂樹研究室とは?

堀茂樹研究室では、「よく生きる」ことと他者と「共に生きる」ことをテーマに「われわれの現在」を問い直し、未来への思想的展望を拓く研究を行ってきた。

研究会1「西洋思想の古典とわれわれの現在」ではあえて現代日本の私たちにとって遠い存在である西洋哲学の古典を輪読することで、同様に自己から遠い存在である他者の理解を試みた。研究会2「『よく生きる』&『共に生きる』ための思想的探究」では、参加者がそれぞれ個人研究を進めつつ、発表を行って議論を重ねた。多くの学生が堀教授を慕い、研究室で重厚な古典的思想書と向き合ってきた。

多くの文献に触れてきた堀教授がどの作品を今回の講演会に選ぶのかが注目される。ぜひ講演会に参加し、興味のある1冊を見つけてほしい。

関連記事

関連ページ

コメントは承認後表示されます。