市民参加の市政を推進する藤沢市の一方策として2001年4月から本格稼動している「藤沢市市民電子会議室」についての本が28日(水)、岩波書店から発売された。藤沢市市民電子会議室は、開設時から多くのSFC生が関わり、運営委員会の現副委員長を菅沼久美子さん(環4)が務めている。


 タイトルは「eデモクラシーへの挑戦 -藤沢市市民電子会議室の歩み-」で、金子郁容政策・メディア研究科教授と藤沢市市民電子会議室運営委員会の共著。藤沢市民電子会議室の誕生から現在までを様々なエピソードやデータで紹介している。
 藤沢市市民電子会議室では、感想などを市民電子会議室にある「(市)くらし・まちづくり」に寄せて欲しいと呼びかけている。 
<発売情報>
岩波書店 2004年4月28日 4-00-022134-5
四六判上製 224頁 税込価格:1,890円(本体:1,800円)
◇問い合わせ先
運営委員会事務局(藤沢市役所市民自治推進課) 
[email protected]nagawa.jp