1. 「特別研究プロジェクトのシラバスが公開 」の画像
    特別研究プロジェクトのシラバスが公開 
    特別研究プロジェクトのシラバスが21日(木)に公開された。履修申告は、参加直後の学期に行うことになる。
  2. 「SFCに集まる先進モビリティ! 「Next Generation Mobility Forum」が開催」の画像
    SFCに集まる先進モビリティ! 「Next Generation Mobility Forum」が開催
    10日(日)、SFCにて次世代モビリティに関するフォーラム「Next Generation Mobility Forum」が開催。自動運転技術や次世代モビリティについての理解を促進するべく行われた。
  3. 「体験レポート: 自動運転バスに乗ってみた」の画像
    体験レポート: 自動運転バスに乗ってみた
    6日(水)、キャンパス内にてメディアや学生向けに、自動運転バスのデモ走行が行われた。実証実験では、運転手が常時席について監視しつつ、加減速やステアリングなどはシステムが行う「レベル3」での走行が行われている。SFC CLIP記者もこのバスに試乗する機会があったので、動画付きでレポートする。
  4. 「野球部2季連続優勝! 塾生歓喜の祝賀会」の画像
    野球部2季連続優勝! 塾生歓喜の祝賀会
    4日(月)、義塾野球部の東京六大学野球春季リーグ戦優勝をうけて、優勝準備委員会主催のもと優勝パレードおよび優勝祝賀会が行われた。平日にもかかわらず数多くの塾生、塾員が参加し、2季連続36回目の優勝を三田山上で祝った。
  5. 「早慶戦3日目  1球に泣き義塾連敗」の画像
    早慶戦3日目 1球に泣き義塾連敗
    4日(月)、明治神宮球場にて東京六大学野球春季リーグ最終週・早慶戦第3試合が行われた。義塾は早稲田大学にK0-1Wで敗北。義塾は早稲田に対して1勝2敗となり、勝ち点を上げることはできなかった。
  6. 「早慶戦2日目 打線つながらず義塾敗北 完全優勝に「待った」かかる」の画像
    早慶戦2日目 打線つながらず義塾敗北 完全優勝に「待った」かかる
    3日(日)、明治神宮球場にて東京六大学リーグ最終週・早慶戦第2試合が行われた。第2試合は義塾がK0-9Wで敗北した。第3試合開催のために休講する時限などあるので注意しよう。
  7. 「勝利をおさめた早慶戦初日 早慶戦3季連続勝ち星獲得まであと1勝」の画像
    勝利をおさめた早慶戦初日 早慶戦3季連続勝ち星獲得まであと1勝
    2日(土)、明治神宮球場にて東京六大学野球春季リーグ最終週・早慶戦第1試合が行われた。第1試合は早稲田大学(以下、早稲田)にW1-3Kで勝利した。あすも義塾が勝利した場合、他の全チームから勝ち点をあげる完全優勝となる。
  8. 「SFC-辻堂駅間にツインライナーが導入!」の画像
    SFC-辻堂駅間にツインライナーが導入!
    5月28日(月)より、辻堂駅-SFC間において連節バス(ツインライナー)が導入される。辻堂駅北口行(急行ツインライナー)は、前乗り・運賃前払いとして運行され、湘南ライフタウン・慶應大学行は中乗り・運賃後払いとして運行されるため注意が必要だ。
  9. 「義塾が六大学野球春季リーグ戦優勝! パレードは17:40に出発」の画像
    義塾が六大学野球春季リーグ戦優勝! パレードは17:40に出発
    義塾の優勝が決まり、優勝パレードが閉会式後17:40より開催される。また、2日(土)13:00に明治神宮にて早慶戦が開かれる。
  10. 「SFCを自動運転車両が走る! 6月1日(金)より実証実験が開始」の画像
    SFCを自動運転車両が走る! 6月1日(金)より実証実験が開始
    18日(金)、小田急電鉄株式会社・神奈川中央交通株式会社・慶應義塾大学は、自動運転技術の実証実験第1弾を、SFCの構内にて実施することを発表した。
  11. 「慶應アーキテクチャー 記念講演会...etc./掲示板から」の画像
    慶應アーキテクチャー 記念講演会...etc./掲示板から
    慶應アーキテクチャー 記念講演会 坂茂特別招聘教授による「慶應アーキテクチャー 記念講演会」が開催。 会場: 慶應義塾大学日吉キャンパス 藤原洋記念ホール(協生館内) 日時: 5月21日(月)17:00 開場 Inter…
  12. 「第87回早慶レガッタ開催 2年連続で早稲田の完全優勝に」の画像
    第87回早慶レガッタ開催 2年連続で早稲田の完全優勝に
    22日(日)、第87回早慶対校競漕大会「早慶レガッタ」が開催された。昨年の雪辱を果たすべく挑んだ義塾端艇部だったが、対校エイトで1・1/4挺身差をつけられるなど早稲田の完全制覇を許す結果となった。