慶應義塾福澤諭吉記念文明塾第2期Dグループでは、児童福祉に関する講演会を開催することにいたしました。本講演会では、少子化問題にご尽力され、現在養子縁組あっせん法の成立にも取り組まれている野田聖子 衆議院議員と、国会でも取り上げられ注目を集めた「赤ちゃんの値段」の著者である高倉正樹 読売新聞記者にご登壇いただきます


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すべての子どもたちに家族の団欒を
《野田聖子 衆議院議員・高倉正樹 読売新聞記者》
〜要保護児童の現状と解決に向けて〜
2010年10月30日(土) 慶應義塾大学三田キャンパス 
申し込みURL:http://keio150.jp/events/2010/20101030.html
講演会チラシ(PDF): http://web.sfc.keio.ac.jp/~s07641tt/2010fbj_flyer_fix.pdf
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このたび、私たち福澤諭吉記念文明塾 第2期Dグループ(1)では、下記のとおり児童福祉に関する講演会を開催することにいたしました。本講演会では、少子化問題にご尽力され、現在養子縁組あっせん法の成立にも取り組まれている野田聖子 衆議院議員と、国会でも取り上げられ注目を集めた「赤ちゃんの値段」の著者である高倉正樹 読売新聞記者にご登壇いただきます。日本で社会的な養護が必要な子どもたちがどのような状況にあるのか、そしてその子どもたちが家庭のなかで幸せに生きるために、私たち一人ひとりに何ができるのかを考える場となれば幸いです。
<プログラム>
【日程】 2010年10月30日(土) 13時〜17時
【場所】 慶應義塾大学三田キャンパス 517教室(三田キャンパス 西校舎1階)
【参加費】   無料
【定員】   350名程度
【内容】
12:30- 開場・受付開始
13:00−13:30 開会 趣旨および内容理解を目的とする発表
13:30−14:30 講演 高倉正樹記者よりご講演
14:30−14:50 質疑応答
(休憩10分)
15:00−16:00 講演 野田聖子議員よりご講演
16:00−16:20 質疑応答(最長16:30)
16:30−17:00 閉会 アンケート
【申し込み方法】申し込みフォームよりご登録願います。
http://keio150.jp/events/2010/20101030.html
【締切】   10月28日(木) ※但し、定員に達し次第、締め切らせていただきます
【後援】  慶應義塾大学
【主催】     慶應義塾 福澤諭吉記念文明塾 第2期 Dグループ
◆講演者プロフィール
野田聖子(のだせいこ)
1960年福岡県生まれ。1983年上智大学外国学部卒。帝国ホテル入社。87年、岐阜県議会議員選挙に当選。93年、第40回衆議院議員総選挙で初当選。著書に「私は、産みたい」(新潮社 2004)「不器用」(朝日新聞社 2007)など。
高倉正樹(たかくらまさき)
1973年東京都生まれ。1997年早稲田大学政治経済学部卒後、読売新聞入社。06年、海外養子縁組や養子縁組あっせん事業者の問題を提起した「赤ちゃんの値段」(講談社 )を執筆。
(
1) 福澤諭吉記念文明塾は、慶應義塾の原点を見つめ直し、未来貢献を果たすために
慶應義塾創立150年記念事業として設立された教育・研究プロジェクトです。その中で私たちは、養子縁組をはじめとする児童福祉について調査・研究・立案を行ないました。そして現在まで実際に社会に貢献したいという想いのもと、研究の枠を超えて活動を続けてまいりました。
私たちは、本講演会を通して、少しでも多くの方が要保護児童問題に関心を持っていただくこと、さらには将来的に要保護児童問題を解決するための多くのリーダーが現れ、すべての子どもたちが安心して家族で団欒できる社会になることを願っています。
 福澤諭吉記念文明塾 Webサイト: http://www.fbj.keio.ac.jp/
お問い合わせ先
講演会事務局 [担当 坪井・濱脇] 
2010fbj2nd@gmail.com