『温故知新、青春を学ぶ。』

−故きを温ねて、新しきを知る−

ゲスト:長田 孜 (長崎原爆被爆者、慶應義塾大学昭和25年卒)
鈴木 敏夫 (スタジオ・ジブリ代表取締役社長・プロデューサー)
David J. Freedman (慶應義塾大学環境情報学部教授)
司会・モデレーター: 鈴木雅人 (慶應義塾大学SFC研究所所員)

「常識」を、どのように疑えばよいのだろうか。「グローバル社会」、「IT 化」など、現代の潮流を成す言葉や概念を、我々はどう問い直せばよいのだろうか。当企画では、我々 の常識に今一度問いかける。

時代を超えて、今なお近代性を放ち続けるゲストの方々をお呼びし、その原点を探る。 「温故知新」をもとに、彼らの「青春」から紐といていきましょう。いまも昔も、ひとはどう考え、どのように社会を見るのでしょうか。

多くの学生が参加することを期待して大学内で開催します。どうぞふる ってご参加ください

  • 主催:David J. Freedman 研究会 共催:三田哲学会
  • 日時: 7 月 26 日 13:30〜15:00
  • 会場: 慶應義塾大学三田キャンパス 北館大会議室
  • 言語: 日本語・英語
  • 参加費 無料 入退室自由
  • イベントホームページ: https://www.facebook.com/seishunwomanabu/
    質問等の連絡先:『温故知新、青春を学ぶ@三田キャンパス』
    Email: Seishunwomanabu@gmail.com

コメントは承認後表示されます。