湘南藤沢事務室学事担当アドミッションズ・オフィスが、2012年度秋学期のガイド新規募集を始めている。締切日は22日(土)なので、関心がある人は早めに申し込んでおきたい。また、SFC CLIP編集部では、普段私達が知らない学生ガイドの活動について学生ガイドの方に話を聞いた。


 従来は1年に一度、春学期のはじめに学生ガイド募集をしていたが、本年度からは、秋学期も新たに学生ガイドを募り、人員の拡充と、準備期間の充実を図る。春学期の募集でタイミングを逃してしまった人は、この機会に学生ガイドを始めてはいかがだろうか。



 SFC CLIP編集部は学生ガイド副代表の中村勝利さん(総2)と、学生ガイドステージ局長の菅原崇博さん(総1)に、学生ガイドの内容についてお話を伺った。

学生ガイド2




—-学生ガイドはどのような組織なのでしょうか



 組織体系として、上に代表・副代表がいて、その下は4つの局に分かれています。ステージ局、CC(コミュニケーションコーナー)局、 ツアー局、 パンフレット局があり、それぞれの局には局長と呼ばれる、各局をまとめるためのリーダーがいます。学生ガイドを始めた方は、まずこの4つの局のどれかに所属してもらいます。以下では4つの局について詳しく説明していきたいと思います。


■ステージ局


 ある意味ステージ局は学生ガイドの花形と言えるかもしれません。ステージ局の局員はオープンキャンパス当日にθ館の壇上に立ち、直接SFCの魅力を伝える役割を担っています。また、ステージ外の仕事でも、当日にステージで出し物をするための準備や、ステージ上で出演していただくサークルとのアポ取りといった事前準備も、このステージ局が担います。

■CC(コミュニケーションコーナー)局


 この局は、オープンキャンパスでSFCに来る受験生や保護者といった来場者に対して、SFCについて知りたいこと、疑問点などに丁寧に答えるための局です。自分の経験に基づいて答えるので、いろんな経験をしてきた学生であればあるほど、CC局では活躍出来るかもしれません。

■ツアー局


 ツアー局はオープンキャンパス当日、来場する受験生や保護者の方々と一緒に、SFCのキャンパスを実際に歩いて回って、ガイドする局です。これは、来場者に何を紹介すればいいのか、どういうルートで案内するのかなど、さまざまなことを考え、知識も付けなくてはならない局です。しかし大変な分、一番やりがいのある局とも言えます。
 当日は数十人もの来場者を1人で案内することになるので、もしトラブルがあった際にも動揺せず、テキパキとガイド出来るようにしておくための練習も欠かせません。それぞれの人が創意工夫してキャンパスツアーを行うので、プレゼン能力などはバリバリ伸びていきますね。

■パンフレット局


 パンフレット局はその名の通り、オープンキャンパス当日に配布するパンフレットを通してSFCの魅力を伝える局です。パンフレットといっても、大学が公式に発行しているようなものではなく、局のメンバーが学生目線で見たSFCの魅力を詰め込んだ、オリジナルのものを配布します。
 パンフレット局は、オープンキャンパス当日までにパンフレットの中身を決めて印刷する必要があるので、事前準備が忙しい局です。しかし、その分オープンキャンパス当日は配布するだけなので、これからもう少し新しいことができないかなと思案中です。

学生ガイド1


—-実際にやってみて感じたことはありますか?


 学生ガイドとは言っても、もちろんSFCの事を何から何まで全て知っているわけではありません。例えば、AO入試について質問されても、自分がAO入試を経験していないと答えようがない、というような場合があります。そんなときは学生ガイドの中でAO入試を経験した人にバトンタッチして、お互いの足りない所を補い合っています。その点でお互いが何を持っていて、何が足りないのかについて組織の中できちんとコミュニケーションがなされていることが重要だと思いました。

■新規募集に関して


 応募資格は、SFCに在学している総合政策学部、環境情報学部、政策・メディア研究科の学生で、2013年度も在籍予定の学生だ。春学期だけの在籍でも大丈夫だが、活動の主体が、春学期から夏学期にかけて集中しているので、秋学期以降も在籍する予定のあることが好ましい。今回の新規募集は在学生のみとなっているが、来春からも新入生に対しても新規募集をする予定だ。
 募集は既に始まっており、締切日が21日(金)までとなっている。応募方法は、氏名・学籍番号・学部・学年・応募動機を記入の上、説明会及び面接希望日を記載して、ao-request@sfc.keio.ac.jp(湘南藤沢事務室学事担当アドミッションズ・オフィス)宛にメールを送る。なお、説明会、面接の日時は1月16日(水)-18日(金)の18:10-となっており、この中から自分に都合の良い日を選んでメールしよう。
 時給は、学部生が850円、院生は900円となっている。ただし、ミーティング等の事前準備作業に費やす時間に関しては時間給が発生しない。

—-新規募集でやってくる学生に期待したいことはありますか?


 新規募集の方には熱意をもって挑んでほしいです。もちろんプレゼン能力や編集技術があるに越したことはないですが、技術がないからといって心配しなくて大丈夫です。技術は学生ガイドをやっていくうちに身に付いてきますが、熱意だけははじめから持っている人でないと、次第にフェードアウトしてしまいがちです。なので、熱意を持った人に来て欲しいです。そして面接でその熱意を大いに語って欲しいです。

 オープンキャンパスに来る人にとって、学生ガイドはキャンパスの顔とも呼べる存在だ。ターゲットが受験生なので、既にSFC生である人にとってはあまり周知されていない存在かもしれない。しかし、未来のSFC生を相手に日々準備を重ねる学生ガイドの存在は、欠かすことの出来ないものだ。これからも、受験生にSFCの魅力を伝える学生ガイドの活躍に期待したい。