毎年、総合政策学の創造および環境情報学の創造の授業の一環として、地域の方と協力して実施されている凧揚げで使用する大凧の制作ボランティアが募集されている。募集締め切りは21日(月)17:00までとなっている。


 凧揚げは、地元の方との交流も兼ねて、総合政策学の創造および環境情報学の創造の授業の一環として毎年合同で実施されている。当日の凧揚げでは、大型のものから小型のものまで様々な凧を飛ばすが、今回は大型の凧の制作のためのボランティアが募集されている。応募資格は、現在総合政策学部、環境情報学部に在籍している学部生。

 応募は、タイトルを「凧ボランティア」にした上で本文に氏名、学部、学年を明記の上、sugimoto@sfc.keio.ac.jp宛にメールを送信することで完了する。

 実施日は2月3日の予定となっているが、変更の可能性があるとのこと。応募締め切りは21日(月)17:00までなので、興味を持った人は期限を過ぎないように注意しよう。採用された場合は22日(火)にメールで通知が送られてくる。

 なお、当日の時間や場所といった詳細は採用者にメールで通知されるので、採用された場合は見落とさないようにしよう。

猫の写真遠くからでも一応認識することが出来た2011年度の凧