世界展開力EBAプログラムは、9月15日(火)-22日(火)に山梨県富士吉田市で開催される「Monitoring wildlife and plants (野生動物と植物のモニタリング)」をテーマとしたフィールドワークの参加者(院生)を募集している。応募は8月15日(土)まで。

対象は大学院生。参加者は2015年度秋学期「環境フィールドワーク」(2単位)を取得できる。

多角的視点から地域の課題にアプローチ

フィールドワークでは地形図の読み方、空中写真の判読、土地利用調査、地形調査、生物相調査、歴史・文化調査、景観調査、ヒアリング調査などの生態学的調査を扱う。参加者が多角的視点から地域の課題にアプローチできる能力と技術を習得することが目的だ。参加者自らが対象地域の課題を見出し、グループで議論しながら課題に対する調査分析を組み立てていく。

原則英語のプログラム 多様な仲間とともに

原則英語で実施されるこのプログラムにはASEAN各国の学生も12名参加する。多様な背景を持つ仲間と議論し、多文化及び言語コミュニケーション能力を養うことも魅力のひとつだ。

締め切り延長! 8月15日(土) 16:00(日本時間)まで

募集要項は以下の通り。

  • 参加資格: 慶應義塾大学大学院正規生(原則英語のプログラムに積極的に参加できる英語力があること)
  • 募集人数: 8名
  • 取得可能単位: 2015年度秋学期「環境フィールドワーク」(2単位)
  • 参加方法: 申請用紙・エッセイ(300字)を8月15日(土)16:00までに提出
    • 宛先: eba-submit@ml.keio.jp
    • メール件名: 「"Fujiyoshida Fieldwork Application- 氏名(ローマ字)”」
       ※申請用紙 http://goo.gl/vmX1TK よりダウンロード
       ※エッセイ: 本フィールドワークのテーマにおける興味・関心について(日本語もしくは英語)
  • 参加費用: 自己負担(宿泊代含む1万円程度)

なお、選考結果は8月21日(金)までに通知される。

関連ページ