CLIP記者のあたまんなか

4年生の私が、1年生の時の私に言えるなら言いたい6つのこと。

藤平直人

@naotofujihira

春学期ももう10週目。4年生の私の大学生活は最終コーナー付近まで来ました。3年前、大学生活スタートするときに知っておけばよかったなと思うこと、今の私が3年前の私に言えるなら言いたいことをちょっとまとめてみました。

かもかも集う

「遊べる時に遊んでおけ」

「4年生は暇」とよく言います。これは半分合っていて、半分間違っていると4年生になった今、感じています。私も入学したての時、「124単位取ればいいんだったら、4年生ってすごい暇じゃん。最後の1年は遊んで暮らせる」と思っていました。

結論から言えばそんなことはないです。確かに下級生の時に真面目に単位を取っておけば、授業はほぼありません。しかし、その他のやることが学年が上がるにしたがって多くなります。研究は卒業制作に向けて多くのことを要求されますし、どの形態のプロジェクトでも4年生になるとリーダーとしての働きを求められます。

授業は暇だけどその他は結構忙しい、というのが4年生を1学期間過ごしてみての感想です。最後の1年だけと言わず、遊べる時間を作って遊んでおきましょう。

「下級生のうちに単位ちゃんと取っておいて」

学年が上がるにしたがって、やりたいことは増えていきます。そして、それは往々にして単位に関わらないプロジェクトです。そこに時間を割くためには授業を犠牲にしなければなりません。

私であれば金曜日はSFCCLIPの編集に必ず居なければならないため、金曜日はほぼ授業を入れることができません。

2年生までフル単であれば3年生に進級した時に84単位を取得でき、残りは40単位。3,4年生の4期で40単位取ればよいので、各学期に授業を5個取れば良い計算になります。下級生のうちに単位を貯めておけば、上級生になってからやりたいことに専念できるでしょう。

「下級生のうちほど授業は偏りなく」

上級生になると、卒業単位124単位にどうやって到達するのか、単位数と日課表を見て、ある意味緻密な計画を立てます。できる限り学校に来る日を減らし、自分のやりたいことや研究ができる時間を確保しようとします。

その際に、冒険した履修は組みにくいです。政治系の研究会に所属する私なら、プログラミング科目や環境系の科目の履修は冒険であるので避けようとします。履修したことがなく、未知であるがゆえに「地雷を踏む」危険性が高く、また落とした時にリカバリーするのが、残りの学期数の都合上大変になるからです。

下級生のうちに単位を貯めておけ、と矛盾しますが、自分のフィールド外の科目をとるならなるべく早く取ったほうがいいと思います。

私もプログラミング科目をもうちょっとやっておけばよかったなと後悔しています。

「研究会は毎学期入れ」

留学・休学等を考えていないならば、大学生活は原則8期しかありません。そのうち3年の後半から4年生にかけては卒業制作のため、同じ研究会に所属することになる人が多いと思います。また、1年生の春学期から研究会に参加することは難しいため、研究会に入ったり出たりできるのは1年の秋から遅くとも3年の春で、実は4期しかありません。

SFCには100を超える研究会があり、それぞれが全く違う研究をしているため、「入ってみなければ分からない」という声もよく聞きます。

私は2年の春学期と秋学期を研究会無所属で過ごしたため、3年の春、卒業制作をやるであろう研究会にいきなり飛び込むことになりました。運良く自分に合った研究会であったと思いますが、2年生の内から他の研究会も見てみて、色々な分野の研究に触れておけばよかったなと思う時もあります。

見学なども活用するといいかもしれません。

「政策コーカスに参加しろ」

私の最大の後悔のうちの1つは必修授業「総合政策学の創造」の政策コーカスに参加しなかったことです。SFCが1番大切にしていることは、頭で考えるだけではなく、動いて実際にやってみることだと思います。1年生からそれを体感できる代表的なものが政策コーカスではないでしょうか。

学生生活の中で、コーカスをやっていたという人に何人か会いましたが、いずれもがSFCで積極的に活動している人でした。政策コーカスでスタートダッシュに成功すれば4年間、動き続けることができるのではないでしょうか。

私がもう一度1年生をやれるなら、迷わず立候補します。

「1回知り合いになったら、キャンパスで話しかけよう」

「あの人、昔グルワ組んだのに、キャンパスで会っても話さなくなっちゃったな……」ということは上級生なら誰しも経験があるはずです。SFCは必修が少ないため、毎学期科目が総入れ替えとなります。毎学期シャッフルとなるため、授業で色々な人と知り合いになれますが、その繋がりは希薄です。学期と授業が変われば、会う機会もなくなってしまいます。

なので、昔授業で一緒だった人と偶然キャンパス出会ったら挨拶するなり、話かけるなりしましょう。また、twitterやFacebookで繋がっておくと、関係は継続しやすいと思います。

SFCに友人が多い人はこれができていると感じます。私はちょっと苦手だったので、授業からできた友人は数えるほどしかいません。

見上げた花

1年生の頃を思い返すと、研究も人間関係も定まらず、不安でした。今でこそ4年生だからと偉そうに書きましたが、後悔していることも沢山あります。

4年間は本当にあっという間です。後悔のないように過ごして下さい。私も最後の学期を全力で駆け抜けます。