3月23日(木)、SFC公認の卒業記念パーティTake Off Rally 2017が「クルーズ・クルーズ YOKOHAMA」で開催される。SFC CLIP編集部は、Take Off Rally実行委員会の共同代表をつとめる雀部亜莉子さん(環4)と御倉友梨恵さん(環4)に話を聞いた。

今年のTake Off Rally実行委員会は代表が2人(左から御倉さん、雀部さん)

今年のTake Off Rally実行委員会は代表が2人(左から御倉さん、雀部さん)

SFC生のための卒業パーティ、今年も開催

— Take Off Rallyとはどのようなパーティですか?

SFC1期生が卒業した1994年から続いている、SFC生のための卒業パーティです。全学部対象の卒業パーティも日吉で開催されているのですが、SFC生には日吉や三田と関わりがない人も多いです。そのため、Take Off RallyはSFC生のための卒業パーティとして毎年開催しています。立食形式のパーティで、おいしいご飯とアルコール・ソフトドリンクの飲み放題を用意しています。

— 当日はどのようなことをするのですか?

伝統的に行っているのは、有志企画と豪華景品が当たるビンゴ大会です。去年の有志企画では、元ロック研究会と慶應義塾アインクライネスオーケストラが素敵な演奏をしてくれました。また、毎年河添健総合政策学部長と村井純環境情報学部長が駆けつけ、いろんな話をして下さいます。

去年は村井学部長が元ロック研究会の演奏を聴いて「ギターが弾きたくなった」と言って、Take Off Rallyの一夜のためにギターを買って演奏してくれたんです! そういうレアな光景が見られるのもTake Off Rallyの醍醐味です。今年ならではの企画についても、今考えているところです。

— すごい光景ですね…! 今年の有志企画には誰が参加するか、もう決まっていますか?

まだ確定していないので、「何かやりたい!」という人・団体・サークルなどを募集しています。ホームページにも有志企画参加者募集のページが上がる予定なので、公開後ぜひ確認してみてください。参加してくれる方には何か特典を用意したいと考えています。

— 毎年クルージングやホテルで開催されていたTake Off Rallyですが、今年はなぜレストランでの開催なのでしょうか?

実際、今までTake Off Rallyはさまざまな場所で開催されてきました。結婚式場、ホテルの宴会場、クルージング…。そういう"ザ・パーティ!"っていうのも素敵だと思うのですが、多くの人に参加してもらうため、今回はアクセスの良さと価格を重視しました。

会場となる「クルーズ・クルーズ YOKOHAMA」は横浜駅直結です。ほとんどの人が日吉での卒業式が終わった後に来ると思うのですが、特に女子は慣れない着物を着て疲れている人も多いと思います。卒業式の帰りに気軽に立ち寄ってもらいたいです。

— 横浜駅直結だと、参加しやすいですね! 参加費はいくらでしょうか?

基本料金は1万円きっかりです。友達を誘うと安くなるグループ割、2月10日(金)までに申し込むと安くなる早割、Facebookページをシェアすると安くなるシェア割などの割引を用意しています。ぜひ友達や先生を誘ってご参加ください。

— 今年のテーマは何ですか?

「ありがとう、そして、これからもよろしく」です。4年間の大学生活を共に過ごしてきた友達に感謝の気持ちを伝えようということ、でもそれでさよならっていうわけじゃなくて、社会人になってからも一緒に仕事をしたり面白いことをしたりとSFC生らしい関係が続いてほしい、という願いを込めています。

来てくれた人が久しぶりに会った友達やいつも仲良くしている友達に感謝の気持ちを伝え、「これからもどこかで会えるといいね」って話ができる場になればと思っています。

「そこにいる皆が楽しみ、感謝を伝えられる場づくりがしたい」と2人

「そこにいる皆が楽しみ、感謝を伝えられる場づくりがしたい」と2人

「皆の思い出に残る夜」を目指して

— Take Off Rally実行委員会は、何人ほどで、どのように準備を進めているのでしょうか?

会場を準備したり企画を考えたりと中心となって準備を進めるメンバーが私たちを含めて4人、当日の運営やホームページ作成など、他に関わっているメンバーを全て含めると18人ほどです。Take Off Rally実行委員会は、毎年、七夕祭実行委員会と秋祭実行委員会、いわゆる「イベント局」と呼ばれるサークルで引き継いでいます。今年の代表も、七夕祭実行委員会から1人、秋祭実行委員会から1人。企画を考えるのが大好きな人たちが集まって準備をしています。

今は会場と価格が決まり、学事での諸々の手続きが終わり、あとはどのように人を集めるかということや、皆が楽しめるようにどんな企画を行えばいいかを考えているところです。

— 準備をしていく中で、大変なことはありますか?

今の時期(注: 取材を行った18日(水)時点)は実行委員会の皆が卒業論文や期末レポートで忙しく、春休みに入ってからもそれぞれ卒業旅行などの予定があります。なかなか実際に会って準備を進められないのが大変です。でもそれは、今まで実行委員会を務めてきた先輩たちも乗り越えてきた壁。きっと私たちも大丈夫! できないことはない! と頑張っています。

— この記事を読んでいる人に伝えたいことはありますか?

2つあります。1つが、「先生を誘って来てほしい」ということ。Take Off Rallyは毎年たくさんの方々に来ていただいているのですが、残念ながら先生方の参加は多くありません。先生にも団体割が適用されるので、研究会でグループ割を使う人がいればぜひ先生も誘って一緒に来てほしいです。Take Off Rallyが先生方にも感謝を伝えられる場になればと思っています。

もう1つが、これは声を大にして言いたいのですが、「卒業しない人・できない人大歓迎!」ということ。休学や留年のため卒業しない人が気後れして参加しづらいという声をよく耳にするのですが、一緒に入学して4年間を過ごした仲間として、ぜひ来ていただきたいです。実際、実行委員会代表の1人も、今年度卒業しません! (笑)

— 代表としての意気込みを教えてください。

皆の思い出に残るような夜にしたいです! 代表であり企画者である私たち自身も楽しみたいですし、そこにいる全員が楽しめる場づくりを皆でできればと思っています。実行委員会として、楽しい大学生活最後の夜を演出したいです。

Take Off Rally2017で、ありがとうの気持ちを伝えよう

Take Off Rally2017で、ありがとうの気持ちを伝えよう

Take Off Rally2017の開催概要は以下の通りだ。

Take Off Rally 2017
日時 3月23日(木) (卒業式終了後)
18:00受付、21:00終了予定
会場 クルーズ・クルーズ YOKOHAMA
(横浜駅直結 スカイビル27階)
会費 10,000円・各種割引あり

SFC生がSFC生として集まる最後の機会であるTake Off Rally。ぜひ参加し、大学生活の4年間でお世話になった友達に感謝を伝えよう。

関連記事

関連ページ

コメントは承認後表示されます。