現在、中国の武漢を中心に発生している新型コロナウイルス関連肺炎。24日、慶應義塾大学保健管理センターが、塾生・教職員に向けて注意を呼びかけている。

手洗いの励行とマスク着用を呼びかけ

濃厚接触による感染の可能性や、持続的な人から人への感染の恐れも出てきていることから、手洗い(帰宅時、食前等)の励行、そして、せき・くしゃみ・鼻汁・咽頭痛・発熱などの症状が1つでもある場合はマスク着用を呼びかけている。

この時期はインフルエンザも流行しているので、ぜひ実施しよう。

武漢渡航予定者および帰国者への呼びかけも

武漢への渡航予定者に向けては、まず渡航の必要性を再度確認し、渡航の中止・延期も検討することを呼びかけている。また渡航した場合は、家畜や野生動物との接触、調理が不十分な食物の摂取を避け、体調の悪い方や病気の方との接触も避けるよう注意している。

また最近、武漢に渡航した人へ向けては、帰国後数週間は健康状態に注意し、体調不良時は武漢に渡航したことを必ず申告して医療機関を受診することを呼びかけている。

【2月21日更新】卒業式・入学式等の式典に「新たな対応」の可能性も

また、義塾広報室は21日、以下の4つの式典について「現時点では挙行を予定しておりますが、状況の変化に応じて、今後新たな対応を行う可能性があります」というニュースを発表した。

  • 2019年度 大学学部卒業式 3月23日(月)
  • 2019年度 大学院学位授与式 3月26日(木)
  • 2020年度 大学学部入学式 4月1日(水)
  • 2020年度 大学院入学式 4月3日(金)

各地で様々なイベントや式典が中止や延期・オンライン開催の動きを見せるなか、立命館アジア太平洋大学(大分県)では既に2019年度卒業式と2020年度入学式の中止を決定している。また慶應義塾では、東日本大震災の直後に大学学部卒業式・大学院学位授与式と各入学式を中止し、各卒業式・学位授与式の代表授与や式辞などを動画配信で公開する措置を取ったことがある。

今後「新たな対応」が行われる場合には公式サイトにその旨掲載されるため、チェックするようにしよう。

関連ページ