29日(日)、明治神宮球場で東京六大学野球春季リーグ最終週・早慶戦第2試合目が行われた。義塾は早稲田大学(以下、早稲田)にW7-3Kで敗北。早稲田に対し1勝1敗となり、あす以降延長戦が行われることとなった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
早稲田 0 0 0 0 2 3 0 0 2 7
義塾 0 0 0 2 0 0 0 0 1 3
両チームのスターティングメンバー
義塾 早稲田
位置 選手名 学部学年 打順 位置 選手名 学年
小原 和樹 環1 1 木田 大貴 4
山口 翔大 環4 2 真鍋 健太 4
山本 瑛大 商4 3 立花 玲央 4
沓掛 祥和 商4 4 石井 一成 4
岩見 雅紀 総3 5 八木 健太郎 3
柳町 達 商1 6 三倉 進 3
須藤 隆成 環4 7 吉見 健太郎 3
照屋 塁 環3 8 中澤 彰太 4
高橋 佑樹 環1 9 竹内 諒 4

両先発 注目のルーキー登板! 早稲田からはエースが

義塾先発 高橋佑樹投手

義塾先発 高橋佑樹投手

義塾の先発は高橋佑樹投手(環1)。130-135キロの直球を投げる左腕だ。ルーキーながら今シーズン2試合に登板しているなど期待されている。

早稲田先発 竹内諒投手

早稲田先発 竹内諒投手

対する早稲田の先発は竹内諒投手(4年)。今シーズンの防御率は2.89、投球数はチーム1位で6試合に登板している。2年秋に2勝、投手十傑入りした逸材であり、左腕から放たれる148キロのストレートは非常に強力だ。

ルーキー3人がスタメンに!

今期12試合に出場 期待のルーキー柳町選手

今期12試合に出場 期待のルーキー柳町選手

義塾はこの試合、上記の高橋佑投手に加え、スタメンに1番小原和樹選手(環1)、8番柳町達選手(商1)と1年生ルーキーを3人起用した。1年の選手をこれほど起用したのは非常に挑戦的であり、期待の新星として注目されていることがうかがえる。

初回から厳しい戦いを強いられる義塾

1回表、早稲田の攻撃。先頭打者の1番木田選手がヒットで出塁。さらに2番真鍋選手のバント、3番立花選手の凡打に後押しされ三塁まで進まれる。さらにフォアボールで出塁させた4番石井選手の盗塁を許し、初回から二三塁のピンチを招く。しかし5番八木選手を三振で抑え、開始早々の危機を切り抜けた。

その裏、義塾の攻撃。先頭の1番小原選手がファーストフライ、続く2番山口翔大選手(環4)がライトフライ、そして3番山本瑛大選手(商4)がセカンドゴロと三者凡退。竹内投手に完璧に抑えられた。

3回表、9番竹内選手をセカンドゴロに抑えるも、1番木田選手がレフト前ヒットで一塁へ。続く2番真鍋選手の送りバントは、捕球した高橋佑投手による一塁への送球が乱れ、一死二三塁というピンチを作る。しかし、ここで迎えた早稲田クリーンナップをファーストフライ、見逃し三振に抑え、義塾側から安堵の溜め息がもれた。

義塾先制! 前日大活躍の岩見選手が魅せる

2試合連続のホームランを放つ岩見選手

2試合連続のホームランを放つ岩見選手

4回裏、W0-0Kで迎えた義塾の攻撃。2番山口選手はバットを折りながら前に飛ばすも、ピッチャーライナー。3番山本瑛選手の打球はセカンドが追いつくも送球が乱れ安打に。さらに、4番沓掛祥和選手(商4)はレフトポール横ぎりぎりの大飛球を放ち期待させるも、空振り三振となってしまう。

しかし、ここで前日3打点の5番岩見雅紀選手(総3)が大きく流れを変えた。二死一塁から、レフトスタンドへの2ランホームランで義塾が待望の先制点を獲得。続く6番柳町達選手(商1)は見逃し三振でこの回を終えるも、幸先よくリードすることに成功した。

悪夢の5、6回 早稲田に勝ち越しを許す

義塾2番手 清水洋二郎投手

義塾2番手 清水洋二郎投手

しかし、義塾のリードは長く続かなかった。先頭の9番竹内選手をセカンドゴロに抑えたものの、1番木田選手にレフト前ヒットを打たれると、レフト方向へ2番真鍋選手が放ったフライはレフトの頭上を越え、2ベースヒットとなり1点を返されてしまう。そして続く3番立花選手に三塁線へのタイムリーライナーを放たれ、W2-2Kと同点に。ここで高橋佑投手から清水洋二郎投手(法3)に交代する。交代直後から制球が定まらず、フォアボールを献上するも、内野陣の好守もあり後続を抑えて、なんとか同点のまま回を終えた。

義塾3番手 小原大樹投手

義塾3番手 小原大樹投手

直後の5回裏を三者凡退に押さえられると、続く6回表にも早稲田の猛攻を受ける。7番吉見選手をフォアボールで出塁させると、8番中澤選手の送りバントが成功し一死二塁に。そして迎えた9番竹内選手が放った打球は、ライトの頭を超えてタイムリー2ベースヒットとなり、W3-2Kと勝ち越されてしまう。

まだまだ早稲田の攻撃は続く。一死二塁から1番木田選手にもフォアボールを出したところで、清水洋投手から小原大樹投手(環4)に交代。しかし、2番真鍋選手にもフルカウントからフォアボールで出塁を許し満塁となると、3番立花選手の打席でゲッツー崩れの間に追加点をあげられてしまい、4番石井選手にもレフト前ヒットでW5-2Kと大きく勝ち越されてしまった。

9回にも落とし穴が 一矢報いるも時すでに…

盗塁阻止成功でなんとか早稲田の攻撃を終わらせる

盗塁阻止成功でなんとか早稲田の攻撃を終わらせる

6回裏から8回表までは、お互いに静かな展開が続いたが、9回表に再び試合が動く。この回からマウンドに上がった亀井倫太郎投手(商3)は、3番立花選手をファーストフライ、4番石井選手を空振り三振と簡単に二死とするも、5番八木選手をフォアボールで出塁させると、6番三倉選手の打席で八木選手が盗塁。

ここで義塾の守備が乱れる。セカンドへの送球が外野に、サードへの送球も逸れるなど三塁まで進まれてしまう。6番三倉選手もフォアボールで出塁させると、7番吉見選手の打席で、またも三倉選手が盗塁。二死二三塁の状況から、吉見選手の放った打球は内野と外野の間に落ち、さらに2点を追加されてしまう。8番中澤選手の打席で吉見選手が盗塁するも今度は盗塁阻止成功、チェンジとなる。

ソロホームランを放ち、一矢報いる山本瑛選手

ソロホームランを放ち、一矢報いる山本瑛選手

なんとしてでも逆転したい9回裏、先頭の3番山本瑛選手がレフト頭上を越えるソロホームランを放ち1点を返す意地をみせるも、後が続かず。3人連続で凡退し、最終スコアW7-3Kで早稲田に敗北した。

あすも早慶戦! SFC授業は休講

早慶戦は現在1勝1敗となっているため、あす30日(月)も引き続き行われる。勝利すれば、順位を3位に上げて春季リーグを終えることができる。あすの勝利に期待したい。

また、SFCでの授業はあす予定通り試合が実施されれば休講となる。天候等により早慶戦が中止される場合の授業の扱いは以下の記事を参照してほしい。

関連ページ

関連記事

コメントは承認後表示されます。