あす8日(土)・9日(日)に迫った秋祭! 今年は第25回という節目の年を迎え新たなスタートを切る。「ハロウィンを意識した」という新しい秋祭の見どころについて、秋祭実行委員企画長の北村大成さん(総2)、渉外局長の長野太郎さん(総2)に話を聞いた。

左から北村さん、長野さん

左から北村さん、長野さん

— 今年のテーマ「Canvas For Smile」について教えてください。

長野:

秋祭実行委員が皆さんの笑顔のために作った秋祭というキャンバスに、ご来場いただいた方が自分の色を塗り、楽しんでほしいという思いがあります。さらに、「Canvas For Smile」の頭文字CFSはSFCにちなんでおり、湘南藤沢キャンパスでしかできないことをしたいという意志を示しています。

また、"Canvas"は一般的には画材道具の意味ですが、私達はより広く「作品」という意味でも使っています。秋祭の準備が忙しいと、何のための秋祭なのかという目的を見失ってしまいがちなので、秋祭は「みんなを笑顔にする作品」だといつでも再確認できるテーマにしました。

イチオシ企画について笑顔で語る北村さん

イチオシ企画について笑顔で語る北村さん

— みんなを笑顔にする企画がたくさんあると思うのですが、イチオシ企画は何でしょうか。

北村:

どれもイチオシ企画なので難しいですが、一つ選ぶなら「お化け屋敷」ですね。今回は「Canvas For Smile」というテーマに加えてサブテーマを「ハロウィン」にしました。七夕祭は「七夕」、秋祭は「ハロウィン」という対比を意識してのものです。

そこで、今年のお化け屋敷はハロウィンのテーマにそって古い洋館をイメージしたつくりになっています。夏休み期間からじっくり時間をかけて準備したので自信があります! 皆さんに楽しんでもらえると思います。

— ハロウィンを意識した新しい秋祭になるんですね! 去年との違いはその点にありますか。

長野:

そうですね、ハロウィンを意識した企画として新しく「仮装コンテスト企画」も予定しています。8日(土)12:00よりθ館で開催されます。優勝者にはディズニーシーのペアチケットがプレゼントされます。当日参加も可能なので是非お越しください。

北村:

あと、お客さんには仮装してきてほしいですね。これも七夕祭との比較になるのですが、七夕祭の浴衣が秋祭での仮装という風になればいいと思っています。当日は来場者にペイントシールを配布し、実行委員も小さな仮装をするつもりです。

今回はハロウィンを軸に設けているので、装飾と企画にも統一感がある密度の濃い秋祭になると思います。学園祭というより少し早めのハロウィンパーティーのようなイメージです。

新しい秋祭への思いを語る長野さん

新しい秋祭への思いを語る長野さん

— 最後に、秋祭を訪れる方々にメッセージをお願いします。

北村:

ベストを尽くしたものを提供するので、とにかく楽しんでいただきたいです。せっかくなので2日目は早めに来ていただいて、19:00の花火まで満喫していただきたいと思います。

長野:

ハロウィンをテーマに据えた新しい秋祭の幸先良いスタートを切るためにも、ぜひ皆さんに仮装してほしいですね。仮装も装飾の一つと思って、お客さんにも秋祭をつくる一員として一歩踏み込んでもらいたいなと思います。

今年の秋祭はハロウィンを軸とした統一感のあるものになるだろう。仮装で彩られる華やかなSFCの姿が楽しみだ。あしたはぜひ仮装して秋祭を盛り上げよう!

関連ページ

コメントは承認後表示されます。