SMRG(Sports Management Research Group)は、SFCを活動拠点にスポーツを通じて地域社会の発展に貢献することを目的とした研究団体。今回はSMRGの取り組みの一つスポーツキャンパスについてSMRGの伊藤彩香さん(環3)にレポートしてもらう。

バスケットボールを楽しむ子供

バスケットボールを楽しむ子供
 1月31日(土)、"第19回スポーツキャンパス-親子サッカー・バスケットボール交流-"が開催されました。
 当日はあいにくの雨のため、新しい陸上競技場でのサッカーは中止され、日吉記念館にてバスケットボールとフットサルを楽しみました。保護者の方にもスポーツの楽しさを味わっていただきたいということで、バスケットには大人も混ざって大学生とともにスポーツを楽しんでいらっしゃいました。そしてキャンパスツアーも開催され、協生館ではプールを覗いたり陸上競技場をテラスから一望したりと、子供も大人も目を輝かせていらっしゃいました。
 このイベントは、体育会ソッカー部と学生団体SMRGが体育補助員派遣事業を実施した日吉台小学校及び矢上小学校の児童とその保護者を対象に開催されました。(この事業は2007年度より開始された横浜市体育協会港北区担当者との合同事業であり、小学校の体育に補助員として大学生を派遣しています。)
 12月に日吉台小学校と矢上小学校が対決する球技大会にむけて、ソッカー部は5年生の体育全授業に1ヶ月間行ったこともあり、子供達は開会式から「スイートポテトだ! (選手のあだ名)」と楽しそうでした。ソッカー部はこうした地域活動に積極的な部として、他の部や他大学にも良い影響を与えてくれるものと思います。
参加者集合写真

参加してくれた子供たちと記念撮影
(寄稿:伊藤彩香 環境情報学部3年)