30日(日)、明治神宮球場で東京六大学野球秋季リーグ最終週・早慶戦第2試合目が行われた。第2試合は、早稲田大学(以下、早稲田)にK1-2Wで敗北。早稲田に対し1勝1敗となり、リーグ2位の行方はあすの第3戦に持ち越されることになった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9
義塾 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
早稲田 1 1 0 0 0 0 0 0 X 2

両チームのスターティングメンバー

義塾 早稲田
位置 選手名 学部学年 打順 位置 選手名 学年
沓掛 祥和 商4 1 八木 健太郎 3
倉田 直幸 法3 2 宇都口 滉 3
岩見 雅紀 総3 3 石井 一成 4
山本 瑛大 商4 4 木田 大貴 4
山口 翔大 環4 5 佐藤 晋甫 3
郡司 裕也 環1 6 中澤 彰太 4
柳町 達 商1 7 小藤 翼 1
照屋 塁 環3 8 岡 大起 3
小原 大樹 環4 9 竹内 諒 4

最高学年の両ピッチャー、最後の早慶戦に臨む

義塾先発 小原大樹選手

義塾先発 小原大樹選手

義塾の先発は小原大樹投手(環4)。今季は法大2戦目に続く2度目の先発となる。弟の小原和樹(環1)もベンチ入りしているこの試合で、4年生として最後の大舞台に挑む。

早稲田先発 竹内諒選手

早稲田先発 竹内諒選手

対する早稲田の先発は竹内諒投手。今季は5試合に登板し、東大2戦目では完封している。昨日先発の小島とともに、2本柱として投手陣を支える左腕だ。

先発小原大投手が被弾 立ち上がりを攻められる

いきなりのピンチ。マウンドに集まるバッテリーと大久保監督

いきなりのピンチ。マウンドに集まるバッテリーと大久保監督

前日は投打が噛み合い、快勝を収めた義塾野球部。前日の勢いのまま今試合も勝利を収めたいところだが、いきなり出鼻を挫かれる。初回、先頭の沓掛祥和選手(商4)が四球で出塁するも、2番倉田直幸選手(法3)が併殺、続く3番岩見雅紀選手(総3)が三振に倒れ、早大先発・竹内を攻略できない。

続く1回裏、二死走者なしから、初回石井選手にライトスタンドへのソロホームランを打たれ先制を許す。幸先の悪いスタートとなった。早いうちに追いつきたい義塾だが、早稲田の先発竹内投手の投球に翻弄され、2回表を三者凡退に打ち取られる。その裏、二死までは順調に抑えたものの、連続で四死球を出しピンチを招く。結局竹内選手にレフトへのタイムリーを打たれ、早くも2点目を失うことに。

逆転のチャンス到来するも……

うまく低めを捉えたが…

うまく低めを捉えたが…

3回裏を三者凡退に抑えると、続く4回表、義塾は大きなチャンスを迎える。2番倉田選手がレフトオーバーの2ベースヒットを放つと、3番岩見選手もヒットで出塁し、一死一三塁、ここで迎えるは4番山本瑛大選手(商4)。敬遠ぎみのフォアボールで歩かされ、なおも一死満塁の大チャンスだが、山口選手はサードゴロ、郡司裕也選手(環1)が低めを掬った打球も伸びず、レフトフライでチェンジ。チャンスを生かすことができなかった。

4回裏、これ以上点差を広げたくない義塾は佐藤晋選手、中澤選手を内野ゴロで確実に抑えるものの、続く小藤選手の打球はサードの頭上を越え、レフト前安打となる。さらに岡選手もボールを捉えるが、真っすぐ飛んだ打球を投手が受け止めアウト、無失点で切り抜ける。義塾の攻撃は、7番柳町達選手(商1)、8番照屋塁選手(環3)ともにゴロに倒れ、9番小原大選手の打席で弟の小原和選手が代打に立つもアウト、三者凡退でこの回を終える。

追いすがる義塾、1点を返す

義塾2番手 菊地恭志郎選手

義塾2番手 菊地恭志郎選手

5回裏、2番手の菊地恭志郎投手(政2)がマウンドに上がる。きっちりと三者凡退に抑えると、続く6回表、打線は一死から2番倉田選手が相手の失策の間に二塁、さらにパスボールで三塁まで進塁すると、4番山本瑛選手のセンターオーバーのタイムリー2ベースヒットで1点を返すことに成功する。

両投手躍動。互いに失点を許さず

6回裏、早稲田の攻撃。石井選手がライトへの2ベースヒットで出塁し、続く木田選手の打席で菊地が暴投し、走者を三塁まで進めてしまう。しかし菊地はこのピンチで後続を三者連続の空振り三振に仕留め、無失点で切り抜ける。一方の打線は7回表、下位からはじまる攻撃で三者凡退に討ち取られ、勢いを止められてしまう。

7回表、攻勢を強め、逆転したい義塾だったが、6番郡司選手がショートゴロ、7番柳町が三振、9番照屋選手がファーストフライに倒れ三者凡退、勢いを止められてしまう。

最後まで竹内投手を打ち崩せず…

義塾3番手 髙橋佑樹選手

義塾3番手 髙橋佑樹選手

8回表、先頭の沓掛選手が相手のエラーで出塁するも、後が続かずこの回も得点に至らない。8回裏、義塾の3番手・髙橋佑樹投手(環1)がマウンドに上がる。早稲田の攻撃を三者凡退と完璧に抑えると、迎えた最終回、8回表から守備についた重田清一選手(環4)のセンター前、7番柳町選手のライト前などで二死一三塁と逆転のチャンスをつくる。しかし、続く照屋選手が見逃し三振に倒れ、試合終了。K1-2Wと、惜しくも1点差の敗北を喫した。リーグ2位をかけた勝負はあすへ持ち越しとなった。

ところどころチャンスはつくったものの、早稲田先発竹内選手(写真中央)を打ち崩せず

ところどころチャンスはつくったものの、早稲田先発竹内選手(写真中央)を打ち崩せず

義塾の戦いはあすも続く! SFC授業は休講

きょうの試合結果を受け、早慶戦は1勝1敗となったため、あす31日(月)も引き続き試合が行われる。勝利すれば、準優勝で秋季リーグを終えることができる。あすの勝利に期待したい。

また、SFCでの授業はあす予定通り試合が実施されれば休講となる。天候等により早慶戦が中止される場合の授業の扱いは以下の記事を参照してほしい。

関連記事

関連ページ

コメントは承認後表示されます。