1日(日)、明治神宮球場で東京六大学野球秋季リーグ最終週・早慶戦 第2試合が行われた。義塾野球部は、きのうの雪辱を果たし早稲田大学(以下、早稲田)の優勝を阻止したいところだが、早稲田の先発大竹選手の粘り強い投球に苦しみ、K0-2Wで敗れる。春季王者の早稲田に歯が立たず、リーグ3位の悔しい結果に終わった。

第2試合 : 1日(日)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
K 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
W 0 0 0 1 0 1 0 0 × 2

両チームのスターティングメンバー
義塾 早稲田
位置 選手名 学部学年 打順 位置 選手名 学部学年
山本 泰寛 環4 1 重信 慎之介 教4
梅野 魁土 環4 2 河原 右京 スポ4
横尾 俊建 総4 3 茂木 栄五郎 文構4
谷田 成吾 商4 4 丸子 達也 スポ4
山口 翔太 環3 5 石井 一成 スポ3
沓掛 祥和 商3 6 道端 俊輔 スポ4
小笠原 知弘 環4 7 中澤 彰太 スポ3
川崎 晃佑 環3 8 川原 孝太 文構4
加島 宏毅 商4 9 大竹 耕太郎 スポ2

義塾の流れをつくりたい加嶋選手

義塾の流れをつくりたい加嶋選手

先攻の義塾は、加嶋選手を先発に起用した。持ち味であるコントロールを武器に通算防御率3.19を誇る義塾のエースである。

安定した投球の早稲田・大竹選手

安定した投球の早稲田・大竹選手

対する早稲田の先発は、大竹選手。夏の右膝の故障により出遅れるも、復帰し、ほかの追随を許さない投球術で打者を打ち取る技巧派左腕だ。

重たい試合は早稲田の流れに

試合が動いたのは4回裏。早稲田の攻撃でついに試合が動く。先頭の3番茂木選手が四球で出塁、4番丸子選手のレフト前ヒットでノーアウト1・2塁とピンチを招く。

続く5番石井選手の平凡な犠打をピッチャーの加嶋選手が処理したように見えたが、ファーストの横を突き抜けフェンス際へ転がる間に一人帰還。重たい試合を動かしたのは義塾のエラーによる1失点であった。

逆転に向け円陣を組む義塾野球部

逆転に向け円陣を組む義塾野球部

満塁のチャンスをつくるも活かしきれない義塾

5回表、義塾は大きなチャンスを迎える。先頭の5番山口選手がセンター前ヒットで出塁。6番沓掛選手、7番小笠原選手は凡退で2アウトとなるも、8番川崎晃選手がフォアボール、9番加嶋選手が打撃妨害で出塁し2アウト満塁。

逆転のチャンスで迎えるのは、きのうの試合、1安打4四死球で出塁率100%の1番山本泰選手。投じられた第4球、響いた快音に会場は湧き上がる。打球は大きな弧を描いてライトスタンドに向かうが、その歓声とは裏腹にフェンス間際で捕球されてしまう。

好打で会場を沸かせる山本泰選手

好打で会場を沸かせる山本泰選手

2アウト満塁の大ピンチ エラーで与えてしまった1点

早稲田の1点リードで迎えた6回裏。2つのフォアボールにより1アウト1・2塁のピンチを迎える。ここで義塾の大久保秀昭監督はリリーフとして、前日の早稲田打線を2回無失点に抑えた加藤拓也選手(法3)を登板させる。

6番道端選手を打ち取り2アウト1・2塁とするも7番中澤選手にフォアボールを与えてしまい、2アウト満塁とピンチが広がる。早稲田の8番川原選手に投じた2球目はワイルドピッチとなり、一人の帰還を許してしまう。その後はなんとか三振で切り抜けたものの、逆転を目指す終盤に差しかかったところで痛い追加点となった。

義塾谷田選手、投手を助けるファインプレー

2点差で迎えた8回裏。7回から代わった義塾のピッチャー三宮舜選手(商4)は3番から始まる好打順を連続で打ち取りテンポよく2アウトとする。しかし、5番石井選手にフォアボールを与えると、続く6番道端選手に巧みなバットコントロールで右中間に運ばれ2アウト1・3塁のピンチ。

続く8番中澤選手が完璧に捉えた打球は右中間に運ばれる。この隙に3塁ランナーはホームインし、あわよくば1塁ランナーもホームインするダメ押しの一発!! となるはずだったが、ここで義塾の右翼手谷田選手がファインプレーのダイビングキャッチ。会場にどよめきが起こるとともに、義塾応援席のボルテージは最終回を前に最高潮になった。

右翼手谷田選手のファインプレー

右翼手谷田選手のファインプレー

2点を追う最終回 ノーアウト1塁 反撃の兆し

2点ビハインドで迎える最終回。先ほどファインプレーを見せた4番谷田選手から始まる攻撃。4球目を完璧に捉えライト線に矢のような打球を放つ。これが攻撃の起点になると期待が膨らんだが、後続が三者凡退。ノーアウト1塁のチャンスを活かせず、義塾の敗北で試合が終了した。

早稲田の2連勝 リーグ優勝を許す

早稲田の早慶戦2連勝により、東京六大学野球秋季リーグの優勝は早稲田となった。義塾は明治大学に次いで3位の成績でリーグを終えた。

優勝に湧く早稲田ナイン

優勝に湧く早稲田ナイン

また、義塾野球部の4年生はこの試合をもって引退する。彼らの雄姿を讃えたい。

試合終了後の谷田選手(左)と小笠原選手(右)

試合終了後の谷田選手(左)と小笠原選手(右)

2015年の春季・秋季リーグの早慶戦では、義塾は早稲田に一勝もできない結果に終わった。来年の春こそはこの雪辱を果たすことを期待している。

なお、あす2日(月)、SFCでの授業は通常どおりに行われる。

関連ページ

関連記事

コメントは承認後表示されます。